ニュース・ブログ

2018
8/27

実力養成会通信 第874号 ”大量プリント・・・効果はあるんですが” の巻

ニュース

実力養成会は、高校生、浪人生中心の完全個別の大学受験指導です。

とはいえ、中学生にも数名通ってもらってます。

 

 

さて、中学生指導をメインとする塾・・・・

札幌市内には、大手の進学塾、もしくは、地域に密着した個人塾・・・・・

実に数多くの塾があります!!

 

大手さんには、大手さんなりのスケールメリットを生かした指導がありますし、

個人塾には、それぞれの強み、メリットを生かした指導がなされてます。

 

指導方法もそれぞれ様々だと思います。

最近は、タブレットを使用した指導もあるんですね・・・・・

我が家の愚息もそうでした・・・・・

 

さて・・・・

大量のプリントを渡され、ただひたすら解く!!

くる日もくる日もプリント!!・・・・・・このようなスタイルの塾もあるでしょう。

『量をこなす』⇒『否が応でも力がつく』

 

とても、わかりやすい図式ですし、確実に成績アップします!!

 

第一志望校の〇〇高校には、届かなかったけど、この指導のおかげで合格できた!!

このような生徒たちも数知れず・・・・・・きっとそうだと思います。

 

 

塾の先生たちは、自分たちの教え子をとにかく、第一志望校に合格させるため、

大手塾、個人塾問わず、毎日、必死で指導されていると思います。

昼は、教材研究、そして夕方から指導・・・・・

まさに昼夜問わずのフル稼働だと思います。

このような塾の先生たちの献身的な活動により、

大手、個人を問わず、塾のおかげで合格できた!!

こういった生徒が、全体の9割以上ではないでしょうか?

現に、私の長女も長男もそうでした!!

 

 

さて、実力養成会は高校生がメインです!!

例えば、中学生時代に、徹底したプリント学習で、鍛え上げられ、見事第一志望校に晴れ

て合格した生徒たちも多数在籍してます・・・・・・・

しかしその一方で

中学時代は、塾から、大量のプリントを配られ、ただひたすら解くのみ!!

高校入学したとたん

・・・・プリントはもう渡してもらえない?・・・・・何をやればいいの?

そうこうしてるうちに・・・・・

学校の数学が、まったくわからなくなってしまった・・・・(泣)

何をどうやってやればいいのか?・・・・・

まったく手がつけられない・・・・・・・

このような、状況に陥ってる生徒たちがいるのも事実です。

 

私は、このような生徒を『糸の切れた凧状態』と言ってます・・・・

 

 

勘違いしないでいただきたいのは、

プリント学習がダメ・・・・ということではありません!!

高校合格のためには、必要なトレーニングだったのです!!

 

プリント学習は、確実に成績をアップさせてくれるシステムです。これは事実です。

 

その一方で、高校入学後、生徒がこのような状況になってしまうという危険性も

はらんでます。

 

目の前のプリントをただひたすら解き続ける・・・・・・

皮肉なことに、この姿勢が、いつしか、生徒を『受け身』にさせ、

与えられたものをやる!!  ⇒  与えられなければやれない!!

このような、図式になってしまう“かも”・・・・です。

 

とはいえ、高校入学後の話は、いったん横に置いておいて、

まずは、第一志望高校合格!!

というのが、実情だと思います・・・・・

 

 

なんとも、もどかしく、やるせない話です・・・・・・

 

 

 

今日も、最後まで、読んでいただき、ありがとうございました。