ニュース・ブログ

2020
1/27

◇旭丘の英語がすごい!!

ブログ

今年のセンター・・・・・・

 

 

 

旭丘の英語の平均点が東を上回っている!!

 

 

 

国語は、ほとんど変わらず!!

 

 

 

これだけは言いたい!!  決して・・東が落ちてるということではない!!

 

 

それだけ、旭丘の生徒、英語の先生たち始め学校関係者が

大健闘されてるってことだろう!!

実際に、旭丘の生徒を指導させてもらって分かることがある!!

みんな、真面目にやっている!!

講習でも、それなりのレベルの問題と対峙してる!!

実際、長女は旭丘卒・・・・英語がぶっちりぎりでできた生徒は多かった!!

 

 

 

 

旭丘高校、あっぱれ!!

 

 

 

 

 

さて・・・・・南は、相変わらず、ブッチギリ!!

 

それと・・・・・これも伝統のなせる技だろう!!

帯広柏葉の英語もスゴイ!!

実際に・・・・帯広柏葉の英語の取り組ませ方には脱帽だ。

 

釧路湖陵・・・・・理数科だけでみたら、凄まじいものがあるようだ・・・・

正答率90%以上3名、理数科という母体数を考えればすごい数字だ!!

釧路市内はもとより、道東の超優秀な生徒たちの少数精鋭の集団だ。

しかし、普通科も合算したら・・・平均はガタ落ち・・・・なんとも悩ましい・・・・

 

旭川東も安定して取れている・・・・・

 

道内公立というくくりで見たら・・・

やっぱり、東西南北、旭丘、旭川東、帯広柏葉、釧路湖陵(理数科)の8強がゆるぎない。

 

ドンドン、学校格差が広がっている!!

 

高校入試の時の成績と、3年後のセンター試験の成績・・・・・・・

とても興味深いものがある・・・・・・

こういうデーターこそ、

中3生、及び保護者の方が、志望校決定の資料にするといいのに・・・・と思う!!

 

 

 

今日も、最後まで、読んでいただき、ありがとうございました。

 

 

 

 

高校入試の数学の得点が37点だった生徒のセンターリサーチです!!

この生徒は、あるトップ高に通っています。

お母様のお話によると、かなり下の方で合格したようです。

 

 

実力養成会で、ここまで点数を伸ばしました!!

 

 

今野は、数学と日本史を担当させてもらってます!!

 

 

高校に入学してしまえば、

中学の時の成績、

高校入試の時の成績、

これらは、一切関係しません!!

 

 

ギリギリで合格したから、高校3年間、下位層でもがき苦しむ・・・・・

 

これは、大人の”勝手な思い込み”です。

 

 

すべては、本人次第です!!

 

 

 

 

本日も、最後まで、読んでいただき、ありがとうございました。

 

 

 

 

代ゼミの共通テスト模試・・・・・・

釧路湖陵は昨日実施!!

立命館は、本日。

進研模試と日程が重なったりもしてたので、

この共通テスト模試を実施してない高校もあるが・・・・

共通テストに向けて、各高校、本格的に動き出した!!

 

 

 

 

さて・・・・

共通テスト模試を解いてみて、色々な事を思った・・・・

 

特に・・・・英単語に対する意識が、まだまだ ”ぬるい”

 

生徒が”ぬるい” ということは、私の”伝え方”、私の”こだわり” がぬるいってことだ!!

 

ここは、大いに反省しなければならない!!

 

 

特に、現中3生に対して、入試後から高校入学までに、

300語(ユメタン、ユニット1~3)を完璧に暗記させる!!

合格点は300点のみ。

 

それと・・・・

音読も徹底させる!!

速単、必修編 NO1~NO5まで完全暗唱させる。

北嶺でも、以前よりも増して”音読”に力を入れてる!!

 

 

高校入試後、遊びたい生徒は、遊べばいい・・・・

 

 

実力養成会は、この期間、別世界の様相を呈することになるだろう・・・・

意欲ある生徒(入試の終わった中3生)のみに対して、徹底して鍛え上げる!!

 

ロケットスタートを切ってもらうために・・・・

 

昨年、ロケットスタートを切った生徒のうち、3名は、今では学年トップだ!!

 

 

 

 

本日も、最後まで、読んでいただき、ありがとうございました。

 

 

 

 

 

センター数学、9割をとってる生徒の2次答案です!!

 

とても優秀です!!

 

しかし・・・・2次記述答案となると・・・・まだまだです!!

 

これじゃ・・・・合格が逃げていきます!!

 

 

もっと、部分点を 削り取らないとダメ!!

 

 

そのために、徹底的な “ダメ出し” をさせてもらいました!!

生徒は・・・・・それなりに ショックを 受けてました・・・・

 

 

この生徒の課題は・・・・・・

 

①答案が丁寧過ぎる!!

よって、時間がかかり過ぎる。

“下書き”を有効利用し、答案は、”下書き” を清書する!! という感覚をもつ!!

 

② ”丁寧すぎる” とかぶる部分だが、

分かり切ってることまで、あえて書いてしまう!!

何行も書いて、しっかりと記述したという自己満足してる!!

『グラフより~~~であることが読み取れる』の1行で済む!!

 

 

このような指導を通して、

生徒たちは、合格する2次答案を作成できるようになっていきます!!

 

 

これが、実力養成会の”合格する2次答案”の指導例です。

 

 

 

本日も、最後まで、読んでいただき、ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

実力養成会では、

『志望理由書』の作成指導もしています!!

 

 

 

あの・・・小論文指導のカリスマ『和田圭史先生』も、

『志望理由書でAO入試、推薦入試は決まる!!』とおっしゃってます!!

 

AO入試、推薦入試といった新時代の入試においては、

やはり・・・・『志望理由書』が大きなカギを握る!!

 

それゆえ・・・・

受験生には、志望理由書に関しては、本腰を入れて取り組ませてる!!

 

 

 

本日も、最後まで、読んでいただき、ありがとうございました。