ニュース・ブログ

先日、ある一浪生のお母様と面談させていただきました。

自宅で、ゴロゴロしているお子さんを歯がゆく思い、ついついキツイ一言を言ってしま

う・・・・・それにカチンっと来た息子さんと口論・・・・・

こういう話は、このご家庭に限ったことではなく、どこのご家庭でもあります。

(今野家でも当然あります・・・・・)

 

さて、このお母様が『四当五落』のことについて、お話されてました・・・・・

ということで、本日のテーマは、『四当五落』についてです。

 

『四当五落』

 

かつて、大学受験業界で、よく耳にするフレーズでした。

~睡眠時間が四時間の受験生は合格して、五時間の受験生は不合格となる~

 

このフレーズが意図するように、かつては、大学受験の合否は、”勉強時間の長さ”で決ま

る!!という暗黙の了解というか、そんな”都市伝説”的な価値観がはびこってました。

ですから、とにかく、睡眠時間を削ってでも、勉強時間を確保することにやっ気になつて

いました。

 

ところが、最近の受験業界では、全く、逆の傾向になっています。

ある受験雑誌のデーターによると、偏差値の高い難関大学の合格者ほど睡眠時間を長く

とっているのです!!

東大の合格者でも、9時間近く睡眠時間をとっている人も珍しくありません。

 

単純に、知識量の多さで、勝負が決まるのであれば、勉強時間が長い受験生が有利でしょ

う。具体的な例で・・・・・

『次の選択肢の中から、正しいものを一つ選びなさい~~』的な問題・・・・・

似たような用語が並んいで、その中から選ぶ・・・・こんな感じ。

この手のタイプなら、睡眠時間を削ってでも、ゴリゴリ暗記する方が有効です。

しかし、今の、難関大学の入試では、この手の問題は、ほぼ出題されません。

仮に、択一の選択式の設問であったとしても、用語を選ばせるのではなく、用語について

の正確で深い知識を問う設問です。

 

ですから、睡眠不足で集中力が低下し、暗記学習においても定着度に悪影響がでます。

 

このように、睡眠時間を削って勉強時間を確保しても、本当に、実のある勉強時間になり

得るのか?・・・・・・・ここがポイントです。

 

大学受験に関する常識は、今と昔とでは、大きく異なります。

昔のイメージにとらわれず、今のお子様の置かれている状況を冷静に観察することが大切です。

 

あわせて、氾濫している様々な受験情報に振り回されず、冷静に取捨選択することです。

世間一般で、言われてることとして、親が子供(受験生)に口を出すのは、子供のためとい

うよりも、親が(子供の受験が)不安で仕方ないために、口を出すケースがほとんど・・・

このように言われています・・・

親の自己満足のために口を出す・・・・ということではなく、本当に、子供のためを思っ

て口を出すというのであれば、やはり、今の受験常識を知り、今の感覚を身に付けること

を優先すべきと思います。

 

 もしくは、私に、なんなりとご相談ください!!

 

 

 

今日も、最後まで、読んでいただき、ありがとうございました。

 

 

つい最近、仲の良い友人(同僚です)にこっぴどく叱られました。

もちろん、原因は私にあります・・・・・・

 

私は、いつもは、生徒を叱る側です。

しかし、叱られる側になって、改めて、色々と気付かされました。

 

本気で叱ってくれる友人がいるってことは、あり難いことです。

 

ドリカムであれば

なにも、言わずに、付き合ってくれて、サンキュー🎵』

私になぞらえると、

こっぴぃ~どく、叱ってくれて、サンキュー🎵』

 

って感じでしょうか・・・・・・・、

 

 

 

【EURO2016./観戦記】

2500~C組ウクライナ対ポーランド

ポーランドは、地味だけど、ディフェンスがしっかりしている。ドイツと引き分けだったのは、それなりの力があつたから・・・・というのを証明してくれた

2500~C組北アイルランド組対ドイツ

ドイツは強い。いつも、思うことだが、ここぞっていうときの強さは国民性?(ゲルマン魂ってやつ?)・・・・・・ここからドイツは、シフトアップして、ドンドン強さを増していく。今大会、ドイツが優勝すると確信!!

2800~D組チェコ対トルコ

チェコ・・・・・・どうした!!(泣)

2800~D組クロアチア対スペイン

波乱?・・・・・いやいや・・・クロアチアはあなどれない。スペインの悪い面が、出てしまつた?

 

 

 

今日も、最後まで、読んでいただき、ありがとうございました。

 

連日、新規の夏期特別講習のお問い合わせをいただいております。

ありがたいことですが・・・・・・

 

 

新規の夏期特別講習の受付はしておりません。

 

 

定員となっているためです。

 

 

 

夏期特別講習および新規入会についても、現在は受け付けておりません。

 

 

ただし、国公立・私立医学部対策面接、小論文については、

随時、受付をさせていただいてます。

 

 

今日も、最後まで、読んで頂き、ありがとうございました。

 

 

 

 

 

直感で”いい”と感じたことは、極力、ブレーキを踏まず、

アクセル!!

 

理性の声を挟まず、まず、アクセルを踏み続ける!!

 

もちろん、失敗だってありました・・・・・

でも、失敗の数以上に、成功がありました・・・・・

常に、踏み続けてきたからです・・・・・・

 

でも、最近、時にはブレーキも必要かなっと思うようになりました。

あくまでも、私自身に対してです。

 

別に深い意味はないんですが・・・・・・

 

 

【EURO2016/観戦記】

昨日というか、未明にかけて、試合はありませんでした。ぐっすり寝ました・・・・・・。

決勝T進出をかけた熱い戦いが今晩からまた始まります。

 

今日も、最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

 

 

 

数学Ⅲ/青チャートP360の基本例題231の(1)の補足説明なんですけど、本質的な話です。

 

『深く理解する』『本質を理解する』ってことが、どんなことか?

この説明を通して、理解してくれればと思い、今日のテーマに選びました・・・・・

CIMG1803

★”定積分の評価” という表現は、教科書には、ありません。

大学数学の用語です・・・・あえて、大学数学の立場に立ちます。

CIMG1804

★この”メッセージ”をしっかりと受けとめ、どういう気持ちで、この問題と向き合うのか・・・・・・・・キーワードは、『同値変形』です。”不等式の証明”というチャートの説明に引っ張られないでください!!

CIMG1805

★同値変形により、得られた、(小)<(中)<(大) の不等式

フィニッシュは・・・・辺々をχ=0からχ=1/2まで、χで積分!!

CIMG1806

難関大学を目指している人たちは、既に、この問題も学習済みで、『大丈夫!!』って感じでしょう・・・・でも、本当に大丈夫ですか?

証明手順をマスターしただけで、『大丈夫』としてませんか?

本問の趣旨、作問者の意図までも含めて、すべてコミコミの大丈夫ですか?

 

証明手順、解法手順をマスターしたからといって、難関大学の入試問題に対応できるとは

いえません。どんな入試問題にも、対応するには、このような『本質の理解』以外にはありません。

 

 

 

今日も、最後まで、読んでいただき、ありがとうございました。