ニュース・ブログ

◆これも、最近、読んだ本です。

著者である『川田修』氏。プレデンシャㇽ生命保険、エグゼクティブ・ライフプランナー

毎年、全国2000人の中のトップに輝く営業成績をとってます。

彼は、冒頭、このように言ってます。

難しいことはせず、背伸びもせず。

「ちょっとだけ違うこと」を徹底すること。

その積み重ねで面倒くさがりの私でも

トップになれたんです。

 

この「ちょっとだけ違うこと」の極めつけが、本のタイトルでもある

『かばんの下に白いハンカチを敷く』です・・・・・

 

cimg2185

◆プライドを持つことより、プライドを捨てることの方がはるかに大切

◆辛いことと対峙せず、肩を組んで仲良くする

◆「出直し」は、「後日」でなく、「翌日」に

◆テクニックは”人真似”から。真似の先に大きな変化がある

◆「楽(らく)」とは、辛いことから逃げて得るもの。「楽しい」とは、つらいことを乗り越えてこそ、得られるもの。

 

他にも数多くの気付き、そして、すぐに真似して実践しよう!!と思ったことががありました・・・・・・

 

今日も、最後まで、読んでいただき、ありがとうございました。

 

 

まずは、解答です!!

cimg2178

cimg2179

cimg2180

◆さて、ここからがメインテーマです。

『作問者の立場にたつ』・・・・・こうのうよなことを言います。

cimg2181

cimg2182

cimg2183

cimg2184

 

 

今日も、最後まで、読んでいただき、ありがとうごさいました。

 

 

 

 

タイトルに惹かれ、なんとなく買ったこの本・・・・・・・

読み進めるにつれ、ドンドン引き込まれていきました・・・・・・

CIMG2175

実に、勉強になりました!!

実話だけに、ヒシヒシと伝わるものがありました・・・・

 

ここでは、多すぎて紹介しきれませんが、いくつか紹介させていただきます。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆しぶとい社長の行動法則

“実は、あまり目立たないところにお金を使っている”

⇒誰も見ていないところにこそ、こだわりを持っている

 

◆しぶとい社長の行動法則

“相手に見返りを求めない”

⇒他人の『おもてなし』のためにお金を使う

 

◆しぶとい社長の行動法則

“失敗してもオロオロせず5年先の自分を考えて行動する”

⇒どん底の時こそ、先を見ている

 

◆しぶとい社長の行動法則

“キツい時は、自分を上空10メートルから見るようにしている”

⇒アドバイスをくれる別の自分と対話する

 

◆しぶとい社長の行動法則

“毎日、チャンスがあると思う”

⇒毎日の生活や仕事の中で[見るもの]、[聴くもの]、あるいは、[会う人すべて]に対して

何か、得るものはないか?という気持ちで接している

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

今日も、最後まで、読んでいただき、ありがとうございました。

 

 

今日の通信は、国公立2次試験、及び難関私大記述式問題対策です。

私は、生徒へよく・・・・・

『作問者の立場にたって問題と向き合いなさい』とか

『ずる賢く立ち振る舞いなさい』とか

『したたかに、立ち振る舞いなさい』と言います。

どういうことか?

実際の問題を通して、説明します。

下の問題は、ある難関国立大学の今年の入試問題です。

問題のレベルは、北大の理系レベル、標準レベルです。

CIMG2177

◆まず、何は、ともあれ、解いてみましょう・・・・・

解けない・・・気にしなくていいです。

いけるところまで、いってみましょう!!

テーマは、”作問者の立場にたつ”です。

 

明日の通信で、説明します。

 

今日も、最後まで、読んでいただき、ありがとうございました。

 

 

2016
9/7

人生初の・・・・・・

ブログ

頬をすり抜ける夜風が実に心地よい。

”ほのか”から稲積公園駅までの8分間。

ほてった体のクールダウンには丁度よい。

 

岩盤浴に入ると体は軽い。

しかし、今日は、いつも以上にやけに軽い。

特に、肩が異様に軽い。

やっぱり、”あれ”だな。

 

若いころは、よく川で泳いだ。

川の水は、夏でも冷たい。

川の水の冷たさなんて、大した問題ではなかった・・・・・・・

 

でも、・・・・・・・・・・・・・

サウナからの水風呂となると、話は別。

ここでも、”ビビり” ?

 

しかし、今日は、いつもと違っていた。

50過ぎにして、生まれて、初めて、水風呂に入った。

いや、意を決し、入ることができた、と言うのが適切。

 

友人がこう言っていた。

『(サウナからの)水風呂に入ると、疲れもストレスもすっきり吹っ飛ぶよ』

まさに、その通りだった。

 

『ほのか』の新しい楽しみ方を覚えた。

 

だから

『ほのか』は、やめられない。

 

 

今日も、最後まで、読んでいただき、ありがとうございました。