ニュース・ブログ

生徒(特に、高校生・浪人生)を指導するうえで、大切なことの一つに、自然と勉強と向き合

える「環境」を提供するということがあります。。

 

私は、「環境」が生徒を伸ばす!! という信念を持っています。

私が言う「環境」とは、「親の子供への接し方」「生徒の友人関係」「生徒を取り巻く世

間の大人」など生徒が生きる世界すべてをさします。

このような環境の中で、生徒は学ぶことへのモチベーションそのものが培われていきま

す。

そういった意味では、実力養成会は、最高の学習空間といえます。

最高の仲間たち。

最高の講師たち。

最高の学習スペース。

 

先日、実力養成会に見学にいらっしゃった、お母様が次のようにおっしゃってました。

 

「このような環境で勉強している生徒さんたち、まちがいなく成績は伸びていきますね」

私は、すかさず、次のように、言わせていただきました。

「環境が生徒を伸ばすという信念でやらせてもらっております」

 

 

今日も、最後まで、読んでいただき、ありがとうございました。

 

実力養成会の皆さん、保護者の皆さん、広島のY君、こんにちは。

 

先日、ある受験生から「斜回転体の体積」に関する質問を受けました。

「別解」として「正射影を利用する方法」も示しました。

 

「目からうろこ」ってこのことですね・・・

と言ってメチャクチャ感動してくれてました。

 

今日は、これについて、紹介させていただきます。

まず質問の問題は、ある予備校のテキストにある問題なんですが、

今日は、数学Ⅲ青チャートのP401 例題201を題材にして解説します。

問題は、以下の通りです。

CIMG1182

基本となる解法は、チャートのまんまです!!  あくまでも、この解法が王道です。

そのうえで、チャートには、書かれてませんが、

別解として「正射影の立場に立って」・・・・すなわち、

 

「視点を変えて」

 

見ていきましょう・・・・・・・・・・・・

まず、正射影・・・・再度確認です。

CIMG1183

CIMG1184

CIMG1185

CIMG1186

CIMG1187

CIMG1188

 

どうでしたか?

まさしく、一瞬で、求まりましたね!!

あざやかだと思いませんか?

y=χ・・・・・だから、χ軸と”なす角”が45度。 そこでcos(π/4)ということですからね。

なぜ、このようにして求めることができるのか?

ここがポイントですよ・・・・・・

「理屈」「成り立ち」を考えてみてくださいね。

 

 

今日も、最後まで、読んでいただき、ありがとうございました。

 

 

 

 

2015
11/5

ありがたいことです。

ブログ

ここ最近、色々と問い合わせの電話をいただきます。

とてもありがたいことです。

 

入会に関するお問い合わせ。

大学受験に関するお問い合わせ。

普段の勉強方法に関するお問い合わせ。

 

昨日の朝も、立て続けに2件の問い合わせをいただきました。

市内の方と小樽の方でした。

 

電話をいただく、お母様に共通して言えることが、

「ブログ、毎日読ませてもらってます」

「ブログに共感してます・・・・」

本当に、本当に、ありがたいことです。

「実力養成会通信」と「ブログ」を毎日、隅々まで読んでくださっています。

 

 

電話によるお問い合わせ・・・・・・

大歓迎です・・・・・・

 

今日も、最後まで、読んでいただき、ありがとうございました。

 

 

実力養成会の皆さん、保護者の皆さん、広島のY君、こんにちは。

 

高校生、浪人生であれば、ある意味、「やる気」になるのは簡単でしょう。

難しいのは、その「やる気」をいかに維持するかです。

 

勿論、受験は孤独な自己との戦いです。

しかし、実力養成会では・・・・・・・・

生徒同士が、お互いに情報を交換したり、勉強を教え合ったりしています。

「みんなで一緒にがんばろう!!」という仲間意識が自然と芽生えてます。

 

このようにグループの結束で生まれる一体感は、個々のメンバーの「やる気を」最大限ま

で引き上げてくれます。

一人ではない・・・・という安心感に加え、いい意味でのライバル意識も生まれます。

実力養成会は、生徒を「本気」にさせる空気感に満ち足りてます。

 

生徒たちを見ていて、つくづく感じました。

 

 

今日も、最後まで、読んでいただき、ありがとうございました。

 

信じることは、「安心」につながります。

理想は、「自分」を信じることです。

物事が、うまくいっていない人ほどそれを出来ないジレンマを抱えてます。

そういう弱い状態の時ほど、人に頼る、人を信じることが大切です。

人を信じる素直さ。

人を信じる勇気。

 

疑ったり、否定したり・・・・・・

一概に悪いとはいえませんが、

人を信じるからこそ、自分を信じることが出来るんだと思います。

 

今日も、最後まで読んでいただき、ありがとうございました。