ニュース・ブログ

『セルフティーチング』聞きなれない言葉ですね。

一部の生徒へは伝えてますが・・・・・・

 

『セルフティーチング』・・・・自分が自分に授業をする。

自分が先生で、自分が生徒!!  一人二役で授業をする!!

これが、とても、効果があります。

 

自分で授業をするわけですから、ごまかしは、ききません。

理解、定着があいまいなところがハッキリします。

 

『他人へ教える』 ⇒ 『自分が完璧に理解していないと他人へ教えられない』

『自分へ教える』 ⇒ 『自分が完璧に理解していないと自分へ教えられない』

 

この『セルフティーチング』は、教育心理学の分野において、学術的にも、最も効果の

あがる学習方法として証明されているものです。

 

さて、今月・・・・・・

『第一回全統記述模試』

『東進私大記述模試』を皆さんは受けました。

 

この模試の復習ですが『セルフティーチング』をしながら

完璧に解き直しをして下さい。

実力養成会で、合格を勝ち取った先輩たちは、みな、『セルフティーチング』を実践して

いました!!

 

今日も、最後まで、読んでいただき、ありがとうございました。

 

 

 

 

 

先日、ある方が、こう言ってました・・・・・

自分の野望(夢)は、必ず叶えたい・・・・

しかし、絶対に、間違ったことに対しては、アタマは下げたくない!!

 

曲がったことが大嫌いな方です。

しかし

野望は叶える!!

 

格好のいい生き方だと思います。

 

 

じゃ、私は?

夢を叶えるためなら、いくらでも”土下座”しますけど・・・・・

私は、元来、人にアタマを下げて生きてきたので、”土下座”なんて、

何とも思わないんですよね・・・・・・・・

 

みなさんは、どうですか?

 

 

今日も、最後まで、読んでいただき、ありがとうございました。

 

 

 

CIMG1622

2005年北大過去問(複素数平面) 解説 のヒトコマです。

CIMG1627

 

 

CIMG1630

 

 

今日も、最後まで、読んでいただき、ありがとうございました。

 

昨晩、ある大手の進学塾の社長さんとお食事をさせていただきました。

とても、貴重な時間でした。

飲めば、一切 ”食べなくなる” 私ですが、昨晩は、珍しく(お酒を飲み始めて、初め

て?) いろいろと、海の幸をご馳走していただきました。

 

私もどちらかというと、忙しい部類の人間だと思っていましたが、

まぁ、私なんて、まだぺいぺい・・・・・・そんな感覚を覚えました。

 

印象的だったのが・・・・・・

 

 

『返事とお礼は、全ての仕事に優先せよ』

 

 

社訓にしているそうです。

 

それと・・・・・・・・・・

週に1日・・・・『絶対に残業しない日』を設定しているとのこと。

オンとオフは、表裏一体。

オフが充実することで、オンもまた、充実する・・・・・

ということで、

この日は、社内的に『心を耕す時間』に充てよ!! とのこと・・・・・・

なんとも、『粋』な計らいでしょう!!

業界では、”やり手” の社長として有名な方です。

 

また、勉強させていただきました。

 

本日、早速、お礼のハガキを書かせていただきました。

 

 

今日も、最後まで、読んでいただき、ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

数学が苦手な人へ、先生からのメッセージです!!

 

◆自分の求めた答えが明らかに変 !?

なら、”絶対におかしい”・・・・このように感じて欲しい!!

 

 

◆ある問題で(2)を解くにあたり、(1)の結果を用いる、もしくは、利用するということ

考えて欲しい。問題は、各設問から構成され、一つのストーリーとなっていることを

認識して欲しい!!

 

◆何気なくやる計算、当たり前のようにやってる計算・・・・・・実は、ひとつ、ひと

つの計算には、ちゃんとした理由があって、その理由も考えてほしい・・・・・・・・

たとえば・・・両辺を△で割る・・・これは、△が「ゼロ」でないことが前提です。

「ゼロ」になることがあるなら、割れません!! じゃ「ゼロ」になっら?・・・・・・

そんときは、改めて、「ゼロ」前提で計算です!!  「ゼロのとき」「ゼロじゃないと

き」・・・・・これが場合分けです。

 

 

◆『問題を解く』ことは、『解法パターンにそって数字を当てはめる作業』ではなく、

与えられた条件を加工しながら、見通しをたてて、『思考回路をフル稼働させる』こと

あると認識してほしい!!

 

 

◆『数式』にも、一つ一つ、しっかりとした”主張”、”意味合い” があるということを

識してほしい!! そういう気持ちをもって、数式をながめて欲しい!!

 

 

◆見通しがたたない、方針が全然見えない・・・・だから、無理って簡単にあきらめな

でほしい。そういうときは、ゴールからスタートまでたどっていってほしい!!

ゴールの1行手前では、何が言えればいいのか?   では、その前には、どうであればいい

か? このように、逆からたどって考えてみて欲しい!!

 

 

◆図形関連の問題では、教科書の図、問題集の図に、ゴチャゴチャ書き込むのではな

く、ノートに大きめの図を書き、そこへ色々な情報を書き加え、自分の手で書いた図と

にらめっこしながら、考えて欲しい!!

 

 

◆定期試験でケアレスミス・・・・本番でやらかすミスは、普段からやらかしてるか

ら!!

普段から、キチッと出来てないから、本番でもやらかすだけ。普段から、”自分はすぐ

らかす”・・・・・・だからこそ人一倍注意しなきゃ!! って感覚を持ってほしい!!

本番でやらかして悔しがる位なら、何故、普段から、やらかしたミスに対して悔しがら

いんだろう・・・・・

 

◆すぐに、『忘れました』『出来ません』・・・・・って言うけど、本当に忘れたただ

け?  本当にできない?   解くことが、さらには、考えるのが、面倒だからでない?         

“逃げてるだけでない?”

さらには、君たちは、問題を解くといつも、合ってるか?、間違ってるか?・・・ここに

番の関心がいくけど、先生は、実は、そんなこと、どうでもいい!! 先生が知りたい

は、君たちがどういうことを考えて、問題と向き合ったか?  ここだけ!! 

 

 

◆ドリカムの歌にあるように、5回やってダメなら6回目をやればいい。

10回やってダメなら11回目をやればいい。あきらめないで続けていれば、必ず目の前が

パッと開けてくる!!  続けることで道は開ける。だから、絶対にあきらめないでほしい!!

 

 

今日も、最後まで、読んでいただき、ありがとうございました。